NANA 第8話 「いちごのグラスと蓮の花」

  • 2019-05-08
  • 2020-08-15
  • NANA
  • 331View
  • 0件
Prime Videoでアニメ「nana」全話観る!

あらすじ

「ヴィヴィアン、ピストルズ、セブンスター、ミルクを入れたコーヒーとイチゴの乗ったケーキ、そして蓮の花。ナナの好きなものはずっと変わらなくて、移り気な私には、それがとてもかっこいいことのように思たんだ。」

ヤスとナナ

ヤスは用事が終わるとすぐ帰り、奈々はナナがヤスと付き合っているのではないか?と思いますがナナはきっぱりと否定し、地元でバンドやってた仲間でリーダで兄貴みたいなもんだと言います。

命名「ハチ」

二人のナナは街で買い出しに行きます。奈々はお揃いで苺のグラスを買いたいと言い、ナナは奈々を「犬みたいだ」と言って「ハチ」と命名します。と言うわけでこのブログでもたまにハチと表記しますかね。

ふと立ち寄った「水越さん29歳」の運営するおしゃれな中古雑貨屋さんの家具に一目惚れしたナナたちはそこで家具をいくつか買い、ハチはそこでバイトすることとなります。帰り道、ハチに電話が来て、夜は章司行きつけの「ジャクソンバーガー」に行くこととなります。

トラネスのファンだった奈々

帰りながらハチは急にCDショップに寄ると言い出し、その日発売の「トラネス」のアルバムを買います。ナナはポスターのレンが自分のあげたネックレスを着けているのに気づきます。ハチは自分がトラネスのファンクラブに入っていること、チケット2枚持っていること、タクミが好きなことを明かします。

ナナの秘密

アパートに戻り、ナナはジャクソンバーガーに行くハチを見送ると、ハチの買ったCDを見てレンに思いをはせます。

ハチは、章司からのお泊まりの約束もさらっと断り、ジャクソンバーガーを美味しいうちにナナに届けようとそそくさと帰宅します。帰宅すると、腕に蓮の刺青の入ったナナがトラネスのCDをそばに置いて寝ているのを見ます。

「7階分の階段を一気に駆け上がってドアを開けると、ベッドも布団も届いてるというのに、ナナはストーブの脇で毛布一枚で眠っていました。」

「ねえナナ、ナナは気ままな野良猫みたいで、誇り高く自由だけど、癒えない傷を負っていたよね。能天気な私はそれさえかっこいいと思っていた。それがどれほどの痛みなのかも知らずに。」

https://amzn.to/3iNgRCP

みどころ

二人の共同生活の証の一つである「苺のグラス」と同時に「ハチ」という名前が出てくる、二人のナナの仲がグッと近くなり、そして関係性というか役割がしっかりと現れる会です。

ハチがトラネスのファンでタクミのファンだということ、レンの錠前ネックレスはナナがかけさせたものであることなどがわかります。CDショップでトラネスのサウンドを聴いた時のナナの動揺ぶりにも注目です。

そして、ナナの腕の蓮の花とが描かれ、新しいエンディングテーマが流れ、物語が序章を終えて、新しいステージに移りつつあることが示唆されます。

最新情報をチェックしよう!